国内外の著名人も協力! 東北から、復興を支えるリーダーを育てよう!

社会貢献

Support Our Kids(SOK)は、東日本大震災で被災した子どもの自立と、復興のリーダー育成に取り組む10年間の継続プロジェクトです。

Support Our Kidsとは

Support Our Kidsプロジェクトは、2011年6月に「東日本大震災被災児の自立支援」「復興のリーダーづくり」を目的に発足しました。主たる活動は、世界11ヶ国の大使館や外務省と連携し実施している「海外ホームステイを通した被災児の自立心育成活動」で、これまでに海外に渡った子ども達は342名を数えます(2017年1月現在)。

「世界の文化や歴史」「多くの人々の温もり」に触れ、帰国した子ども達は、「次は自分が誰かのために!」と自発的に復興プロジェクト「HABATAKI」を発足させ、ネパール地震や熊本地震で被災した同世代を東北にホームステイで招き、自分たちの未来や故郷の復興について考えるなど、自らの足で歩き始めています。

ひとりでも多くの子ども達が自らの手で明るい未来を切り拓いていけるよう、震災から10年間、2020年まで活動を継続いたします。皆様のご理解とご支援をお願いいたします。

オークション概要

今年も、被災児童の自立心育成と、復興を支えるリーダー育成を目的に、被災児童を対象とした海外ホームステイプログラムを実施します。
本プログラムを実現し、プロジェクトミッションを達成するために、本プロジェクトにご理解をいただき、ご支援をいただいている各界のトップランナーの皆さまから、大変貴重なグッズを提供いただきました。これらを、チャリティーオークションの商品として出品させていただきます。


【出品予定品】*商品ご協力者(順不同、敬称略)
エンヤ、ゲーリー・プレーヤー、ダン・カーター、清宮克幸、デレク・ジーター、松井秀喜、原辰徳、大谷翔平、青木宣親、栗山英樹、小宮山悟、フレデリク・セペダ、香川真司、佐藤寿人、ミハイン・ロペス、イダリス・オルティス、杉本美香、米田真由美、舘ひろし、クルム伊達公子、マリン・チリッチ、阿部慎之助、前園真聖、倉本昌弘、藤田寛之、アスレイ・ゴンザレス、日野皓正、白石康次郎、与田剛、ボビー・バレンタイン、NMB48、相川七瀬、葉加瀬太郎、ミチェル・ロペス、緑健児、長谷川穂積、片岡愛之助
ほか、多くのみなさまより頂戴したサイン入りアイテムを中心に、およそ200点出品いたします。

【出品スケジュール】
1月16日(月)~1月22日(日)、1月23日(月)~1月29日(日)、1月30日(月)~2月5日(日)、2月6日(月)~2月12日(日)、2月13日(月)~2月19日(日)、2月20日(月)~2月26日(日)、2月27日(月)~3月5日(日)、3月6日(月)~3月12日(日)、3月13日(月)~3月20日(月・祝)、3月21日(火)~3月26日(日)

※日程や出品商品は予告なく変更となる場合があります

集まった資金の使い方

本オークションにより集まった資金は「Support Our Kids」の東日本大震災被災児童自立支援活動に充当させていただきます。

ホームステイの様子

Support Our Kidsの支援活動
 1.海外ホームステイプログラム(対象:中高生)
 2.海外ホームステイ成果発表会(対象:ホームステイ参加児童)
 3.その他自立支援活動

海外経験を得た子ども達の変化を実感しています。「国際感覚を備えたリーダーになって欲しい。復興を担うリーダーになって欲しい。そして、このプロジェクトで出会った人たちとのつながりを大切に、自己実現に向かって欲しい。」と願い、海外経験を支援しています。
今回目標とする支援金額350万円により、10人の子ども達が海外経験の機会を得る予定です。

左上:DAN CARTER Charity for All Japan Tour ~July 2016~/右上:Support Our Kids Charity Sports Clinic with CUBA/左下:第5回リユニオン(海外ホームステイ体験発表会)/右下:STAND UP SUMMIT 2016(若者による復興未来会議)

Tポイントで応援! 1ポイントから寄付いただけます

また、Yahoo!ネット募金では、Support Our Kidsを、Tポイントやクレジットカードでのご寄付によりご支援いただけます。Tポイントは、1ポイントからご寄付いただけます。みなさまのご支援をよろしくお願いいたします。

>> Yahoo!ネット募金:東北から、復興を担うリーダーを育てよう!

「第7回 Support Our Kids Charity Auction Dinner」開催決定

「ひとりでも多くの子ども達に海外経験を通して自立のきっかけをつかんでもらいたい」という願いのもと、第7回となるチャリティーオークションディナーを東京・八芳園にて開催いたします。会場では、ご参加者様限定のオークションや、支援各国のワインなどの景品があたる抽選福引券の販売を通じご支援いただけるイベントもございます。皆様のご参加をお待ち申し上げます。

日時:2017年3月22日(水)
受付:18:00 開場:18:30 開宴:19:00
出演:クミコ、つんく♂、YANAGIMAN、佐藤玲花(SOKカナダステイ2014年参加者)
会場:八芳園
料理:八芳園特製復興コース料理
会費:2万円
※参加いただくには事前にチケットをご購入ください
※必要経費を除き収益は、被災児童の自立を目的とした夏季ホームステイ費用に充当させていただきます

>> イベント詳細・チケットのご購入(外部サイト)

帰国後の子ども達の活動 ~HABATAKI~

HABATAKIは、Support Our Kidsの海外ホームステイプログラムを経験した中・高・大学生で活動している団体です。
帰国後、ホームステイプログラムで学んだことを活かし、そのプログラムでつながったさまざまな方や仲間とともに、東北のため、東日本大震災に支援してくださった多くの方へ恩返しをするため、「次は誰かのために」と、自分たちと同じように災害で苦しむ人のために活動したい、という想いから設立しました。

活動1:東北×ネパール復興の輪 プロジェクト
2015年4月に発生したネパール大地震で被災した高校生を東北にホームステイで受け入れました。
街頭募金やクラウドファンディングを通して、資金集めからプログラム企画まで実施。そして2016年3月にネパールの学生を3名、宮城県の仙台市、南三陸町に招待しホームステイ、交流会、被災地訪問、防災・減災トレーニングなどのプログラムを行いました。最終日には、東北大学にて、活動の成果を共有する発表会を開いたり、NHK WORLDを通じ多言語で東北やネパールの現状、復興への想いを発信しました。

活動2:東北×熊本 復興の輪 プロジェクト
2016年4月に発生した熊本地震をきっかけに、復興の輪プロジェクトの第二弾として、熊本の学生を東北に招待し、熊本の被災生徒を勇気づけると共に、ともに故郷の復興について考えるプロジェクトを企画。2016年8月に熊本の高校生5名を福島県いわき市に招待。被災地訪問や復興ディスカッションを行いました。最終日には、若者による復興未来会議「STAND UP SUMMIT」に参加し、活動の成果や復興に懸ける想いを350名の同世代の前で発表しました。

左:ネパール/右:熊本

Support Our Kids ~ひとりじゃないよ~
【公式ホームページ】http://support-our-kids.org(外部サイト)
【公式Facebook】https://www.facebook.com/jidai.or.jp/(外部サイト)

集まっている金額
2,181,425
62%
目標金額:3,500,000円

残り日数2

Support Our Kidsプロジェクト事務局

プロジェクト実行者

Support Our Kidsプロジェクト事務局

2011年から被災した子ども達に海外ホームステイプログラムを提供。

トップへ